外部収納に入りきらない

収納は、いざ使ってみたら「こんなはずではなかった!」と思う事があるようです。
充分なスペースを確保したと思ったのに、荷物を入れてみたら入りきらないなんてことも・・・。
そんな収納編の第3弾です。
「はじめから知ってたら良かったのに!」という収納の失敗例を集めてみました。
かしこい家づくりのご参考にして下さい。


◆失敗例1!
外部収納をもう少し広くとれば良かった。

冬用タイヤの保管場所くらいにしか考えていなかったけど、子どもの成長に伴いスキーや遊び道具が増えて収納場所がいっぱいいっぱいになってしまった。
外部収納に入れたい物は思ったよりたくさんある。


◆失敗例2!
家族の下着類を保管しておくスペースを作れば良かった。

1ヶ所にまとめておけば家族みんながそこから出していけばよいし、洗濯・乾燥のあとそこに入れるだけで各自の部屋にもっていく手間が省けたのに。


●解決1
こちらの写真は、お客様の家で作らせて頂いたアウトドアボックス収納です。
半地下収納を作れば、汚れを気にせず、アウトドアシーンに必要な道具やタイヤなどたくさん収納できてとても便利です。


●解決2
こちらの写真は、お客様の家で作らせて頂いたウォークスルークローゼットの収納です。
浴室の隣にある洗濯機で洗濯でき、乾いた衣類もここに収納できるので、各自の部屋まで運ばなくても良いのでとても便利です。



いかがでしょうか?
使いやすい適度な収納があれば、外遊びにも便利ですよね。
次回は失敗例
「あ~、こうすれば良かった!」〈浴室・洗面編〉
をお送りします。
お楽しみに。


シェアする