マイホームの予算を振り分けるには


前回、35才、税込年収420万円、自己資金100万円、親からの援助200万円として、
具体的に予算を計算して、総予算3300万円となりました。

今回はこの予算をどう振り分けていけばいいか、
前回同様に具体的な数字を出して考えてみたいと思います。



予算を実際に振り分けてみましょう


具体的に振り分けをするために、
ここでは、土地なし、子育て中のご夫婦+お子様2人、
岡谷市長地小学区で建てたいというお施主様とします。

まず考えたいのは、
土地(不動産会社)に支払う分、
建物(請負会社)に支払う分、
その他(保険会社、金融機関等)に支払う分と
大きく3つのカテゴリーに分けることです。

最初に土地の購入予算についてですが、
岡谷市長地の土地ですと、
相場で800~1000万円で50~60坪くらいの広さの土地になります。
あくまでも予算ですからここで1000万円と考えておきます。
また土地の売買には、仲介手数料がかかる場合がありますので、
この1000万円は仲介手数料まで含んだ予算とします。

次に建物の予算について考えるまえに、
その他の予算を決めたいと思います。
というものその他の予算というのは、
どこの工務店で家を建てても大きく変わらないからです。
登記費用や融資の手続きの費用は、
建築会社が変わっても200万、300万とは変わりません。
今回のように土地購入からで、融資利用の場合、150万円程度見ておくことが一般的です。

最後に残ったのが建物の予算となります。
総予算が3300万円だったので、
3300万-1000万-150万=2150万円となります。
これが建物予算(税込)です。


具体的な予算を決めてから、具体的な計画が始まります。


ようやく予算がすべて決まりました。
これから土地、建物の検討が具体的に始まります。

上記の内容を工務店の担当にお話し下さい。
「総予算3300万円、内土地1000万円、建物2150万円、その他150万円です。」
と伝えさえすれば担当者から
「ではこの土地はいかがでしょうか?」とか
「その建物予算だとこのくらいの家の大きさになります。」とか
具体的な提案があると思います。
そのような提案を踏まえて、資金計画や予算の振り分けを微調整していけば、
きっと無理せずステキなマイホームを手に入れることができるでしょう。
ご家族で相談しながら、夢のマイホームを叶えましょう!



おまけ


岩村建設では、今まで説明させて頂いた資金計画を担当者と相談して作ることができます。
自分たちだけで計画することに不安を感じることもあるかと思いますので、
そのときには遠慮なく担当者に相談してみましょう。
また、FPの先生を紹介することもできますので、
よかったらご活用してみてはいかがでしょうか?