住宅ローンの返済期間を決めよう


前回は住宅ローンを借りる時の毎月の返済金額の決め方について、ご説明しました。
その内容を踏まえて、ここでは返済期間についてご案内したいと思います。



返済期間は短い方がいい?


住宅ローンに限らず、カーローンなどの借り入れはなるべく短い期間で返済したいのは、
だれでも一緒だと思います。
かといって期間が短すぎて必要な資金が用意できなかったり、
毎月の負担が増えてしまっては計画が成り立たないこともまた事実です。

そのため考え方としては、
前回の返済額と同様、ご家庭の状況や年齢を考慮した最上限を決めるという方法をとるとよいでしょう。

毎月の返済額の上限 × 返済期間の上限 = 最大予算

となります。
そうすればこの最大予算を目一杯使っても生活は成り立つことになりますし、
また目一杯使わなければその分余裕が生まれることになります。
いずれにしてもご自身の状況を踏まえた返済金額と返済期間ですから、
生活が破たんするようなことにはなりません。


年齢から考える


一般的には住宅ローンの借入期間は35年間が上限になります。
ただし金融機関の最終返済時期が80歳までが主流ですので、
と年齢が45歳をこえてくると、35年借りることができなくなります。

また、実際に80歳までローンを返せるかどうかということがありますので、
計画としては退職金で繰り上げ返済をするか、
ボーナスなど余裕ができたところで繰り上げ返済をするといった方法で、
期間を縮めるのが一般的です。

共働きやボーナスなどで繰り上げ返済がどの程度できるのか、
退職金がどの程度あてにできるのか、
目安を立ててから返済期間を決めるとよいでしょう。

ちなみに住宅ローンの借入期間は繰り上げ返済等で短くすることはできますが、
長くすることは原則できません。
なので繰り上げ返済の見込みさえできたら、
借入期間はなるべく長くとっておくことをオススメします。
支払い状況に応じて短くすることはいつでもできますので。


専門家に相談してみよう


すべての工務店でできるわけではありませんが、
FP(ファイナンシャルプランナー)の先生と提携をしていたり、
工務店の社員がFPの資格を持っている方もおりますので、
そういった専門の方に相談してみるのもひとつの方法です。

お子様が高校生や大学生になって出費がかさむ時期や、
奥様が働ける時期など様々な条件を加味して、
トータルでの生活が成り立つかどうか、負担やリスクがどの程度あるのか、
シミュレーションをしていただくことができます。

個別に相談すると有料であっても、提携の工務店から紹介してもらえれば
無料になることもありますので、ご心配の方は一度試してみるのもいいかもしれません。



次回:マイホームの資金計画を立てましょう 4/6
自己資金(頭金)について


住宅ローンの融資金額が決まりましたら次は自己資金(頭金)になります。
頭金はどのくらい必要か、といったことをご説明します。