国交省のHPに10月30日、以下の文章が掲載されました。
「大和ハウス工業(株)が施工した住宅において、防火ドア又は防火サッシが国土交通大臣認定の仕様と異なる仕様で施工され、建築基準法違反等であることが判明しました。また、同様の不適合施工がある1,204棟について、関係特定行政庁に調査を依頼しています。」

先日も杭工事の問題が明らかになったばかりですが、ユーザーはこれから何を信頼したらよいのでしょうか?
岩村建設としても対岸の火事ではない自分事として、信頼の裏付けをしていきたいですね。


シェアする