家を建てて、いざ暮らしてみたら「こんなはずではなかった!」と思う事があるようです。
今回は窓編①です。窓は配置、採光、遮熱、外からの視線などいろいろな面を考えねばなりません。
出来上がってみたら使いにくい窓の位置だったなど予想外の事もあります。
「はじめから知ってたら良かったのに!」という窓の失敗例を集めてみました。
かしこい家づくりのご参考にして下さい。


◆失敗例1!
窓をもっと小さくすれば良かった。

採光を考えて窓を大きくしたら、家具を置く場所がなくなってしまった。
それに、外からの視線が気になって、窓やカーテンを開けられない。

また夏は窓から外気が入るので暑く、冬は冷気が入って暖房費がかかってしまう。

また、防犯の面でも
1.人が簡単にのぞける高さに窓を作らない
2.曇りガラスやすりガラスを使って、家の中の様子が分からない様にするなど、気を付けた方が良いことが分かった。


◆失敗例2!
隣の家が、自分の家と面した位置に何があるかを、もっと気をつければ良かった。

隣の家の窓がないことは知っていたので、隣の家との位置にリビングの窓を大きく作ったが、
給湯器や室外機があることを見落としていた。

その為、窓を開けるとガス臭くて、リビングの窓は開けなくなってしまった。すごく後悔。


●解決1
こちらの写真は、お客様の家で作らせて頂いた窓です。

自由設計だから、ご希望の大きさ・形・配置の窓を作る事ができます。



シェアする