トイレを我慢する父

家を建てて、いざ暮らしてみたら「こんなはずではなかった!」と思うことがあるようです。
今回はトイレ編です。家づくりの費用はできるだけ抑えたいと思い、計画の段階で我慢した内容にする事もあります。
しかし暮らしてみると、やはり作っておけば良かったという後悔する事も…。
「はじめから知ってたら良かったのに!」というトイレの失敗例を集めてみました。
かしこい家づくりのご参考にして下さい。


◆失敗例1!
トイレを2階にも作れば良かった。

家族の人数が多いと、誰かがトイレに入っていると我慢しなければいけない。
特に朝忙しい時は時間もないし早く済ませたいもの。
予算を節約せずに2つ設置すれば良かった。

また、夜トイレに起きた時に1階に降りるのは遠くて不便。

特にお年寄りは夜トイレに行く事が多くなるので、部屋からトイレが近い方が便利。


◆失敗例2!
トイレのスイッチを、センサーにすれば良かった。

まだ子供が小さいので、スイッチを子供の手が届く高さにした。
しかし電気を消し忘れてしまう事が時々ある。
センサーなら子供が電気を消し忘れる事もないのでセンサーにすれば良かった。


◆失敗例2!
トイレをリビングから離れた場所に設置すれば良かった。

特にリビングに誰かがいる時は、用を足す際の音に気を使って負担になる。


●解決1
こちらの写真は、お客様の家で作らせて頂いたトイレです。

自由設計で間取りを作る事で、ご希望の場所にトイレを設ける事ができます。
担当にしっかり要望を伝えましょう。





シェアする