クローゼットで探し物

収納って新築した後から作るには難しいスペースですよね。
新築した家の部屋は充分なスペースだと思ったのに、服や布団をしまうスペースがなくて
改めて家具を入れたら、部屋が狭くて使いにくくなってしまった・・・なんて事も。
「はじめから知ってたら良かったのに!」という収納の失敗例を集めてみました。
かしこい家づくりのご参考にして下さい。


◆失敗例1!
収納内にコンセントを複数付ければ良かった。
友達の家は、収納内にコンセントを付けてお掃除ロボットの充電が出来る様になっていた。
それにルーターも置いていて配線が目につかないので部屋がすっきりしていた。
うちも収納内にコンセントをいくつか付ければ良かった!


◆失敗例2!
収納スペースに小窓か照明を付ければ良かった。
広い収納ではなかったので電気を付けなかったが、荷物が多すぎて内部が暗くなり探し物をするたびに懐中電灯で探している。
収納にも明かりが必要!


●解決2
お客様の家で作らせて頂いた収納です。
収納内に窓があるので室内も明るくなり、探し物をする時も手元が明るくて使いやすくなります。



◆失敗例3!
収納内のコンセントは位置を考えて付ければ良かった。
大きな収納スペースにコンセントを付けたけど、荷物の陰になって使えない。
お友達の家では高めの位置とドアの側に付いていて、収納内の掃除機をかけるのにも使っていた。
なるほど!と思った。


いかがでしょうか?
せっかく作った収納です。使い勝手が良いと部屋も片付いてうれしいですよね。
次回は収納の失敗例
「あ~、こうすれば良かった!」収納③〈外部収納編〉
をお送りします。
お楽しみに。


シェアする