1. ご売却の相談


『不動産を売却しようかな?』と思ったら、まずは、岩村建設にご相談ください。
市況に合わせて売却の価格や、売出しのタイミング等を
無料でアドバイスさせて戴きます。

まだローンが残っていらっしゃる方も、お気軽にご相談ください。
住み替え、買換えのご相談も承っております。
相続で不動産を取得された方も、お気軽にご相談ください。
首都圏などに生活の拠点が県外にあり、諏訪地方、上伊那地方にある不動産の売却相談も承っております。

お問合せはこちら


2. ご売却物件の無料査定


経験豊かなスタッフが無料で査定致します。
調査の結果と周辺動向や近傍取引事例を考慮して、売出し価格の具体的なアドバイスを致します。

お問合せはこちら


3. ご売却時の諸費用の確認


お住まいを売却する際、様々なお金が必要になります。仲介手数料や司法書士への報酬など、このお金は、売却時の経費として計上ができます。売却の際に経費を引いて譲渡益がでれば、譲渡税と住民税も発生いたします。
それと、仲介手数料は、あくまでも成功報酬なので、ご売却が成立しない場合にお支払いいただくことはございません。



4. ご売却の依頼


不動産のご売却をご依頼戴く場合、お客様と弊社で媒介契約を締結していただきます。
媒介契約には3種類あります。



専属専任媒介契約

【依頼者】
媒介を依頼した不動産会社以外に媒介を重複して依頼できません。
また、依頼者は、自分で見つけた相手方と不動産会社を通さずに売買契約を締結できません。

【依頼を受けた宅建業者】
売物件を不動産指定流通機構(レインズ)に登録の上、業務処理状況を1週間に1回以上、依頼者に報告しなければなりません。

専任媒介契約

【依頼者】
媒介を依頼した不動産会社以外に媒介を重複して依頼できません。

【依頼を受けた宅建業者】
売物件を指定流通機構に登録の上、業務処理状況を2週間に1回以上依頼者に報告しなければなりません。

一般媒介契約

【依頼者】
複数の不動産会社に重ねて媒介契約を依頼することができます。

【依頼を受けた宅建業者】
物件を指定流通機構に登録したり、業務処理状況を報告する義務がありません。


5. 物件状況等報告書・設備表のご記入


「物件状況等報告書」と「設備表」は、売主様が売却不動産の知っている状況や、お引渡す設備の状態等について、売主様がご記入し、買主様へご説明する書類です。
「物件状況等報告書」と「設備表」は、売買契約書上、非常に重要な意味を持っております。
不動産取引の透明性や取引の安全性を高める為に、買主様だけでなく、購入検討のお客様にも参考情報としてご提供させていただいておりますので、媒介契約締結時までに、売主様ご自身でご記入いただいております。



6. 物件の販売活動


ご依頼者のご希望に可能な限りお答えする為、現地看板、ホームページ、チラシ、インターネット不動産サイト、岩村建設住宅見学会、ショールーム店頭などの販路を活用して、購入希望者へ広告活動を始めます。
※現地看板や、広告掲載をせずに売却を行うことも可能です。



7. 不動産売買契約


売物件に買い手がついた場合、購入申込書を取得し、代金の支払・物件の引渡等の詳細を決めます。

取引物件の詳細や取引条件などの重要事項についてを宅建取引士よりご説明致します。
取引条件など十分理解と納得をした上で、不動産売買契約を締結致します。



8. お引渡しの準備


売買契約を締結した後に、引渡し、残金決済日までに、引越しや、残留物の撤去、抵当権があれば抹消手続き等、買主様へ引渡せる状態にしなければなりません。この準備を怠ると、契約違反や損害賠償までに発展する恐れがありますので、注意が必要です。



9. お引渡し


残金を受取り、登記申請の手続きを行います。
各種関係書類を買主様へ引渡し、仲介手数料などの諸費用の支払いを行います。
建物もあれば、鍵の引き渡しを行い、売物件をお引渡しして売却完了になります。
売却後のご購入についてもお気軽にご相談ください。