定期借地権は、平成4年8月1 日から施行されている「借地借家法」で新たに制度化されたものです。
契約期間の満了とともに借地契約が終了する定期借地権を活用すれば、
・土地代分を節約して、ゆとりある生活を楽しめます。
・建物の譲渡・転貸は地主が承諾すれば可能です。
・戸建定借の場合、増改築は自由です。
・土地を購入していないので、月々のローン返済額が少なくてすみます。



借地人にとってもメリッ卜は大きく、土地で所有することを比較すれば、住宅の所得費用が安くなり、生活水準向上にお金を使えるようになります。


定期借地権の基本的な考え方


  • 土地を所有せず、50年以上の期限付きで土地を借り、その間、住宅を建てることのできる権利。契約終了時には更地にして土地を返還します。
  • 地代は月々のお支払いとなり、土地の固定資産税は不要です。
  • 契約期間中の増改築や建替えができ、定期借地権の譲渡・転貸も可能です。

以上3点がポイントです。


あなたのお悩みは何ですか?
  • 良好立地は土地が高く、手が届かない。
  • キャピタルゲインが期待できないのなら無理をして土地を買いたくない。
  • 田舎に土地がある、あるいは親の土地を相続するので都会では無理にマンションを買う必要がない。
  • 2世帯住宅を希望するがマンションは狭く、一般分譲住宅は高い。
定期借地権なら解決できます!
  • 一般の所有権付き分譲住宅より定額で広い。
  • 土地代分を節約してゆとりのある生活を楽しめる
  • 建物の譲渡、転売は地主が承諾すれば可能。
  • 戸建定借の場合、増改築は自由である。(予めの内容通知は必要)


※ご興味のある方や詳しくお聞きになりたい方は、お気軽に弊社までお問い合わせください

シェアする