わずか38坪の敷地に、子育て世代の豊かな暮らしを実現しました。ムダを無くしつつもコダワリを大切にすることで、価値が際立つ魅力あふれる住まいです。
※ミニマルデザインとは、シンプルで無駄を省いたデザインのこと。すっきりとした見た目の洗練さだけではなく、機能性・使いやすさを追求していることが特徴です。


余計なものはいらない こだわりは譲れない 理想の暮らしをかなえる




シンプルな白い壁にボトルグリーンのリビングドアが引き立つおしゃれな玄関。
脱衣室と別になった洗面所は、誰かがお風呂に入っていても使えます。



大社の杜ほど近い、狭い敷地に建つシンプルな外観。
部屋もシンプルで無駄を省いたデザイン。



物干しもアイアンを使ったスケルトンデザインですっきりさせました。
2階から落ちる光が、より一層リビングに落ちやすくなります。



大容量の収納や、シンプルでおしゃれなトイレ。
無駄を省いたデザインがステキです。




家の真ん中に据えた太い柱。
木のぬくもりに包まれたやさしさ一杯のリビング。
家族が集い、遊んで、けんかして、泣いて、笑って。
大好きな家族に囲まれて、夢いっぱい、思い出いっぱいの暮らしを楽しもう。





シックな和風の外観。
玄関からも見える和室との境にある小窓がおしゃれ。


広く開放感のあるリビング。
リビングの床と天井は無節の杉を使っており、木のぬくもりが伝わります。
障子を開ければ、和室とつなげて使えます。





トイレもちょっと和風で落ち着けます。
廊下も無垢の床材を使いました。

トイレ

廊下と階段

寝室の上にはロフトがあり、開放感いっぱいです。



お部屋も無垢の床材で、すっきりと。
キッチンはリビングのすぐ横です。



このフェアは終了致しました。
次回は6月9(土)、10(日)日に下諏訪町で完成見学会を開催予定です。
詳細が決まり次第お知らせさせていただきますので、もうしばらくお待ち下さい。


5月19日(土)、20日(日)の二日間、下諏訪町で住宅完成見学会を開催します。
「毎日のくらし」も「あそびの休日」も両方大切。
お家で過ごす時間を目一杯楽しむ。
そんな夢をかなえる住まいができました。

リビングから愛車を眺めることができるインナーガレージ。
明かりを取り込む開放的な吹き抜け。
屋上バルコニーからは諏訪の街並みを眺めることができます。

「くらし」に「あそび」の要素をふんだんに盛り込んだ住まいが完成しました。


明かりを取り入れる開放的な吹き抜けリビング


南側に隣家があるため、日差しが入りにくいリビングを、吹き抜けにして上から日を入れることで明るいリビングが実現しました。
開放感だけでなく採光を考慮した吹き抜けです。














個性的な寝室、ロフトと屋上


藍色の壁紙が個性的な寝室。
”壁は白”という固定概念をなくして、自分たちの好きな色でコーディネートしました。

屋上につながるロフトははしごではなく階段で登るため、荷物を運びやすくなります。
屋上は屋根の上にいるのと同じ高さなので、隣の家の窓も気にならず、景色を楽しむことができます。










開催日時


2018年5月19日(土)午前10時~午後5時
2018年5月20日(日)午前10時~午後4時


会場案内図


見学会場はこちら

チラシデータ


ファイルイメージ


ファイルイメージ


このフェアは終了致しました。
次回は5月19(土)、20(日)日に下諏訪町で完成見学会を開催予定です。
詳細が決まり次第お知らせさせていただきますので、もうしばらくお待ち下さい。


4月28日(土)~30日(祝)の3日間、岡谷市長地にてガレージ一体型の住宅見学会を開催します。
シンプルで使い易い間取りとこだわりのガレージで構成された、素敵なマイホームが完成しました。
ガレージのほか、カントリーな色使いのインテリアにも注目の住まいです。
















開催日時


2018年4月28日(土)午前10時~午後5時
2018年4月29日(日)午前10時~午後5時
2018年4月30日(祝)午前10時~午後4時

2018年5月3日~5月6日は、予約制でご覧いただけます。
お気軽にお問い合わせください。


会場案内図



チラシデータ


ファイルイメージ


岡谷市の分譲地で弊社の北欧コンセプト住宅「hauska talo」を建てていただきました。
塗り壁の外壁、内外ダブル断熱、トリプルガラスサッシ等が標準仕様の高断熱住宅です。

室内は子育て住宅らしく、無垢パインの床やカラフルな壁紙など、ポップで明るいテイストに仕上がっています。
壁面にはガラスブロックをはめ込んで彩りを演出したり、ニッチ棚を作って小物を飾れるようになっています。

ダイニングテーブルがキッチンのヨコになる間取りは、お料理の配膳もスムーズにできます。
またお子様の様子を見ながらお料理ができたり、洗面所を通ってぐるっと回れる生活動線にするなど、家事のしやすいプランにしました。

暮らしやすさにもこだわった、明るい雰囲気のマイホームが完成しました。




























岡谷市川岸で、2人のお子様を育てているご夫婦がマイホームを建てました。

使いやすい「生活動線」と「収納計画」をとことん考えた間取りです。
敷地の傾斜を利用して半地下収納を設けたり、吹抜けリビングで家族のコミュニケーションを図るなど、随所にこだわりを取り入れました。
玄関横にはシューズクロークを設けて、玄関廻りが散らからないようにしています。
また1階の洗面所横にクローゼットを設け、1階ワンフロアで家事ができるように工夫しました。

色使いは流行に流されすぎないよう配慮しながら、飽きのこないすっきりとしたコーディネートを心がけています。
和室の畳はグレイの濃淡で市松模様に敷きました。リビングと調和のとれた一体感のあるモダンな和室に仕上がっています。
キッチンの奥やシューズクロークの奥の壁は、グレーにして奥行き感を出しました。
階段と2階廊下に取り付けたアイアンの手摺が印象的です。

長く暮らしてご満足いただけるステキなマイホームが完成しました。


和室からLDK

キッチンからLDK




























岡谷市長地で、30代子育て世代が建てたカントリーハウス。
住宅の性能は「huska talo」そのままに、インテリアをMaman風に仕上げました。

ナラの床や、バーチの扉、パインのキッチン扉など自然素材をふんだんに取り入れて、
やさしい雰囲気になっています。

また、モザイクタイルを洗面所、キッチンなどに取り入れて可愛らしいアクセントにしました。

仕上の塗装はお施主様が床や室内扉を塗装をするなど、
一緒になって作り上げた愛情いっぱいのマイホームです。


リビングとタ゛イニンク゛

















諏訪湖を望む岡谷市湖畔の分譲地で、
30代子育て世代のご夫婦のマイホームをお手伝いさせていただきました。
「子育てと家族のコミュニケーションを大切にしたい」との思いから、
家の中心にリビングを据えてその上を吹抜けに。
寝室、子供部屋、家事室・・どこからでもリビングにつながる、
家族が自然と集まる団らんの家になりました。

また木のぬくもりを大事にしたいとのご希望から、
無垢の床はもちろん丸太の化粧梁を使うことで、
木造の雰囲気を一杯堪能できる家に仕上げました。












傾斜地が多い諏訪地域ならではの、
段差を利用した半地下収納付き住宅です。

玄関を1.5階の高さにして
1階に寝室と子供部屋、2階にLDKと水回りを持ってきました。
普段は2階ワンフロアで洗う、干す、たたむができるので、
子育て世代の家事の負担を軽減する住まいになっています。

さらに1.5階の玄関の下には半地下収納「アウトドアボックス」を設けて、
バーベキューセットなど外で使うものはすべてこちらに収納できます。

使いにくい傾斜地や段差の土地を上手に使うことで、
土地にあまり費用をかけずにゆとりの暮らしを手に入れることができます。